■YES!Yumi's English School

こんにちは、Ms.Uedaです。

Ms.UedaんちのPCがたびたびダウンするので、教室ホームページの編集が困難に・・・ 残念ですが教室HPは閉めて、このブログで代用することにしました。

<カテゴリ>
教室のご案内:どんな教室かご説明
英語教室:クラスの様子
NEWS:行事の様子
よもやま:つぶやき

<リンク>
ファンレター:海外スターからのお返事
ブクログ:読み聞かせた絵本
Ms.Uedaのキモノつれづれ:趣味です

目の前の雑事に追われ、なかなかこまめな更新ができませんが、そこは長ぁ~い目で見守ってねん♪

■カテゴリー
■リンク
■プロフィール

Ms.Ueda

Author:Ms.Ueda
mpi中級認定講師
2008~11年度 市のスクールアシスタント
(3・4年生の英会話の授業を担当)

<教室のご案内>
毎木曜日
15:45~16:30 1・2年生
16:40~17:30 4・5年生
17:40~18:30 6年生

多読も併用しています
お問い合わせフォーム↓
http://form1.fc2.com/form/?id=598570

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
落し物に忘れ物
この週末、私は高校の同窓会へ出かけた。学年の同窓会で会場は大阪市内のとあるレストランバー。5年前にも一度同窓会はあったのだが、そのとき会えなかった友人も行くと言うので、迷った末に行くことにした。

着ていくのに適当な洋服が無い(というか、どういうものが適切なのか、判断つかない)ので、キモノで行くことにした。(その詳しい顛末はコチラのブログへ)
心優しい友人達は、ステキやわぁ~、イキやでぇ~、すごいや~ん、とほめてくれた。ま、内心どう思っていたのかは分からないけど。

新幹線で座って行きたかったので、こだまの時間に合わせて出発するはずが、5分ほど出遅れてしまい、こだまに乗り遅れる 仕方なく30分後のこだま⇒のぞみ乗り継ぎで大阪入り。お泊りセットの入った荷物が邪魔なので、駅のコインロッカーへ入れる。入れようとしていたら若い女の子の集団が現れたので、あわててその場をあとにした。

そして地下鉄に乗ろうと切符を買おうとしたところ・・・
小銭入れが無い!! きっとさっき、あわててロッカーに入れてしまったのだろう。開けたらまた300円要るし、大きいお札はあるから、ま、このまま行くか、と1万円札で230円の切符を買い、駅構内へ入る。ここでふと、「もし小銭入れを落としていたら・・・」ということに気付き、駅を出るべきか、かなり迷う。
「ここで出たら230円+300円=530円の損害やし・・・」
などとセコい計算をし、2分は悩んだ末、出ることにした。ラッキーなことに、駅員さんに事情を話したら出させてくれた あわててロッカー前に行くと、なんと、そこに小銭入れは落ちていたのだ!! 誰にも盗られてないなんて奇跡やな、と急いで拾う。はぁ~、ヨカッタァ~。
この小銭入れ、実は1万5千円は入っていたのだ!

そして駅に入ったところ、なぜか自分が行きたい方面とは反対の方面の行き先表示しか見当たらない。へ??アタシって反対側に入っちゃったって事?でも、確か同じホームでよかったはずやねんけど、とホームへ降りる階段の上でウロウロ。結局、大汗かいてあせったワリにはそのホームであってた

そんなこんなで会場へは5分の遅刻。激しく汗をかいてしまった

同窓会は楽しくすぎ、別の友人との食事も満喫し、喫茶店で喋りまくって実家にたどり着いたのは午前様 父には、遅くなるからカギ閉めて寝といて、と言っていたのだが、ナント実家のカギを持っていくのを忘れていた!が、その事実には夕方気付き、カギを開けておいてくれるよう頼んでいたので、夜中に締め出しを食うことはなかった。ふぅ~、危ない、危ない

そして今日。父の車にのって自宅まで帰って来た。
その途中、立ち寄ったトイレのブースに小物入れを忘れてきた あの袋、結構気に入ってたのになぁ・・・

はぁ~ なんか、モノを落としたり、忘れたり、結構散々な目に会った。それによるタイムロスがいちばん痛かった。
物忘れがひどくなったのは、同窓会に来ていた友人みんなが口をそろえて「私もやでぇ~」 ・・・良かった、アタシだけじゃなくて。って、そういう態度でいいのか?いいわけ無いわな。

やっぱ、脳を鍛えなきゃ
スポンサーサイト


よもやま | 23:12:31 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。