■YES!Yumi's English School

こんにちは、Ms.Uedaです。

Ms.UedaんちのPCがたびたびダウンするので、教室ホームページの編集が困難に・・・ 残念ですが教室HPは閉めて、このブログで代用することにしました。

<カテゴリ>
教室のご案内:どんな教室かご説明
英語教室:クラスの様子
NEWS:行事の様子
よもやま:つぶやき

<リンク>
ファンレター:海外スターからのお返事
ブクログ:読み聞かせた絵本
Ms.Uedaのキモノつれづれ:趣味です

目の前の雑事に追われ、なかなかこまめな更新ができませんが、そこは長ぁ~い目で見守ってねん♪

■カテゴリー
■リンク
■プロフィール

Ms.Ueda

Author:Ms.Ueda
mpi中級認定講師
2008~11年度 市のスクールアシスタント
(3・4年生の英会話の授業を担当)

<教室のご案内>
毎木曜日
15:45~16:30 1・2年生
16:40~17:30 4・5年生
17:40~18:30 6年生

多読も併用しています
お問い合わせフォーム↓
http://form1.fc2.com/form/?id=598570

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
進路勉強会と震災
今週、中2の息子の進路勉強会があった。
そこの中学を卒業した先輩が、自分の高校について話をしてくれた。

ある進学校をこの春卒業した女の子がトップバッターで、まずは高校について話し、そのあと、
「今、テレビをつけるとどこも地震や津波のニュースをやっています。
 今日はもともと用意した原稿があったのですが、そちらについてお話ししたいと思います。」
と、地震について話し始めた。

「親の遺体をがれきの中から掘り出し、辛いはずなのに、手伝った人たちに何度もお礼を言う男性。
 卒業式がなくなり、自分自身もさびしいだろうに、赤ちゃんの世話をする小学生。・・・・」
と、ニュース映像を切り取ったかのような言葉が続き、彼女の文章力のすごさに驚く。
あかん、このまま聞いてたら泣いてしまうわ、と思いつつ彼女の話を聞く。
この子は、最後にどう話を終える気なんだろう、と思っていたら・・・

「指導して下さる先生がいらっしゃることに感謝し、
 学費を払ってくれる親がいることに感謝し、
 励まし合える仲間がいることに感謝して、勉強ができる幸せを感じて欲しいです。
 受験勉強と言うと、辛く苦しいものだととらえられがちですが、
 勉強ができる幸せを思って、受験勉強を頑張ってください。」
と締めくくられた。 (若干違うかもしれない。なんせアタシの記憶力は問題だらけ)
会場はシーンと静まり返り、みんな良く聴いていた。

その夜、こんな素晴らしいお話をする子がいたんだよ、と家族に話した。
息子は現場ではフツーにしていたが、内心感動していたようだった。
パート先でも話をした。すると、すばらしい子だね、と一斉に驚いたあと、同世代の子がいる親が
「うらやましいねぇ~」
とこぼし(笑) どうしたらそんな子になるんだろうか、という話に。
やっぱ、親の育て方かねぇ。いや、DNAもあるんじゃない? とひとしきり話した後、
「結局、親次第、ってこと?」 
アイタタタ・・・
スポンサーサイト


よもやま | 06:51:16 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。